キスマークをつけた母親に息子が嫉妬し、突然挿入してきました

私も息子と関係するようになって2年になります。3年前、念願だった郊外の一軒家を購入して、主人と息子の三人で平凡な主婦として暮らしていました。ところが、その夏、主人が勤務先で事故に遭い他界してしまいました。私は大した貯えも無かったので、主人を亡くして途方に暮れました。そんなとき、主人の会社の上司だった竹下さんが、少しでも役に立てばと、私に「家政婦として来てくれませんか」と声を掛けてくれました。... 禁断の体験 エッチな告白集