セフレの還暦熟女から紹介された五十路熟女の臭いマンコを匂う

温泉街から近い場所に住んでいて、居酒屋で旅館で仲居をしている還暦過ぎの綾子というバツイチ独身高齢熟女とセフレになった。この前、綾子の安アパートで一晩過ごし、オマンコをして、その翌日の朝5時過ぎに綾子は仕事に出かけた。私はそのまま、布団にくるまっていた。隣室の和美という欲求不満な五十路おばさんが来ることになっていたのだ。実は昨晩の夜、綾子に言われていた。「隣に和美さんいうて、50代の人がおるんじゃが、 秘密のH体験談告白