会社のロリ眼鏡の彼女は、彼氏がいるのに俺でイキまくる 3

時は過ぎて、Kさんが家に来た。 しかし会って乾杯して数分後、Kさん号泣。理由は会社で、共通の知人3人がそろって結婚して取り残された気分になったとの事。 特にそのうち2人は彼氏さんと同い年。さらにKさんの同期女子はみんな結婚しており、婚期を焦るKさんに対し彼氏さんはドライで絶望していたのだ。 「大丈夫です大丈夫です!バッチリ上手くいく本用意しましたから!」と頭を撫でながら、俺は本の説明に入った。 話す内容はAm 秘密のH体験談告白