同じアパートの奥さんに覗きオナニーがバレて 2【人妻体験談】

「どういうことですか?」「別におちんちん握るのに抵抗なんてないよ。正直に話してくれたから、ご褒美ってところかしら。私もこれで安心できたし」「・・・まさか、お願いしますとか・・・そんな・・・」「なにゴチャゴチャ言ってるの」そう言ってミユキさんはパンツに手を入れてきた。「あっ」声が出てしまう。「初めてじゃないんでしょ?こんなに硬くしちゃって、見せてごらん」ミユキさんに握られたままちんこが顔を出した。「 秘密のH体験談告白