中学の頃にオナペットにしていた同級生と夢の混浴エッチ

車通勤の毎日。通過する途中のバス停に、中学時代の同級生、恵子が立っているのを見かけるようになって2ヶ月くらい経った頃だった。恵子は私が見ているなんて知らない。そりゃそうだ、中学校を卒業してもう12年も経っているのだから。正直、私も最初は気が付かなかった。ふと彼女の横顔に中学の頃の面影を見つけて同級生だったことを思い出したのである。気が付いてからは、バス停を通過するたびに恵子のことが気になっていた。 秘密のH体験談告白