看護学生と夢のような介助浴

予定通り11時40分くらいに風呂のところへ行くと看護学生A「え、と、○○さんですよね?」俺「そうっすよ」と言いながら緩いスロープをあがって脱衣所へ。 脱衣所から浴室に看護学生Bがいることがわかった。俺はどうせもう一人浴室 […]... エッチトーク体験談