■エロが充実した一日でした

 その年の初秋の頃だったかと思います。もう何度も逢瀬を繰り返しているのですが、さすがにいつもプールの駐車場で待ち合わせすると目立ってしまうので、3回目くらいから彼から連絡があると私が家を出てしばらく行った。 あまり人も車も通らない道を歩いている時に、彼の車が私を拾うことにしました。何だかそんな秘密の行動そのものがドキドキする感じで、もうその時から気分が高潮してきてからだが疼いてしまい、あそこが濡れ Hな告白や体験談ブログ