男友達と一線を越えてしまった夜のこと 1【エッチ体験談】

昔の話です。名前は仮名です。晩秋を迎え、肌寒くなっていた頃のこと。その日の夜、いつものように男友達のハルキと馴染みの店で飲んだあと、話をしながら帰っていた。ハルキは以前私が勤めていた職場の同期だった。研修も配属先も一緒の社員は他にもいたけれど、私があの職場を去ってから以後も顔を合わせているのは、今となっては彼を含め2人だけ。「研修のときにお世話になったヤマダさん覚えてる?春に結婚するんだって」そう 秘密のH体験談告白