男友達と一線を越えてしまった夜のこと 2【エッチ体験談】

ハルキの表情が読めない。頬に触れていた彼の手がほのかに温かった。頬をふにふにと突っついてくる。もう、いいや。私の中で何かが切れた。「こっちのほうが柔らかいよ」彼の手を掴み、自分の胸元へ寄せる。手の温度が服越しに伝わってきた。けれど、そのまま上に滑らされ両頬を掌で包み込まれた。「顔あげて」言われるがままにすると、唇が重なり、今度は舌が入ってくる。さっきよりも深いキスのあと、彼の片手が服の下を這う感触 秘密のH体験談告白