一線は越えないように

 主人とは年に数回程度になってました。そんな私が1年前からバイトを始めました。主人には相手にされなくなったけど、バイト先の店長から食事に誘われ凄く楽しくて、何度か食事に行くようになりました。 主人とは違う店長に惹かれてしまい、お互い既婚者同士だったので一線は越えないようにしようと話してました。でも食事を繰り返してるうちに二人とも止まらなくなりホテルヘ行きました。店長のアレはとても大きく挿入されただ Hな告白や体験談ブログ