人生敗北者の俺が初めてのラッキースケベ体験 2

本来であれば他人と偶然にも目が合ってしまった場合、すぐに視線を外すのだが横にいた女性は以前、電車内でゲロった女性と何となく雰囲気が似ていた。なので、疑念のような視線を送ってしまった。すると女性が「あ、あの」と話しかけてきた瞬間、「あぁ、やっぱりあのゲロった人だ」と確信した。実のところ逃げ出したかった。知らんぷりをしてしまいたかった。が、返答した。俺「……はい」女性「こ、この前、電車で………の方ですよね 秘密のH体験談告白