お隣のお上品な人妻熟女に抱いた淡い想い

これは高度成長に沸いた昭和40年代、私が小学校六年生の頃の話です。 そのころ私は2Kのアパートに住んでいました。 両親はマイホームを目標に共働きをしており、 私は当時流行の『鍵っ子』でした。 アパートの大家さんは真知子さんという40代半ばの女性で、 同じアパートの1階に住んでいました。 私の遠縁に当たるの人だったので、 家族の間では『真知子おばさん』と呼んでいました。 真知子おばさんは色白で細くて、化粧っ気は全くないのですが すっきりした顔立ちの綺麗な人でした。 母よりは10歳ほど上でしたが、母より若く見えました。 そして、お金持ちでした。 私は可愛がってもらっていて、よく家に遊びに行ったのですが、 とても優雅に暮らしているように見えました。 スープやコンビーフやポテトチップなど、 当時一般家庭ではあまり食べないものをよくご馳走になりました。 クッキーを自分で作ったりするのには驚きました。...続きを読むThe post お隣のお上品な人妻熟女に抱いた淡い想い appeared first on みんなのエッチ体験. みんなのエッチ体験