未亡人の母を自分のものにしたくて、一気に挿入しました

1年前。父は交通事故で亡くなりました。その時の私は22才、母の貴美子が42才でした。母と二人で暮らす様になってから、それまで考えもしなかった妄想に取りつかれました。それは、母である母を私のセフレにする事でした。どうせ二人きりの生活。何があろうと、私と母の生活を邪魔する者はいないのです。そう思い始めると、その妄想は益々膨らんで、母を女として観察するようになりました。... 禁断の体験 エッチな告白集