褐色クルティザンヌ -赤銅の女騎士ベレンガリアと慰安の踊り姫マルフリーテ-

王国の女性王族に仕えることになった少年従士は、その若い性欲を女性王族に向けないために娼婦を専属にあてがい、性欲管理する制度がある国。とある少年にあてがわれるはずの娼婦が、体調不良でこれずかわりに上司である女騎士団長がやってくる。事務的に淡々と射精させようとするが、だんだん少年のひたむきさにほだされる女騎士。婚約者がいる身で、少年の射精にハマル。さらに次の日にやってきた高級女娼婦も、うぶな少年をかわ NTRTIGER