酔っ払った女への悪戯は興奮します

 大学2年の時、サークルの忘年会の飲み会明け、帰る方向がいっしょだった泥酔した1コ上の先輩を介抱しつつ彼女のアパートに送り届けた。帰る途中、もう真っ直ぐ歩けないほど。正直、寒いし疲れるしワケわかんないこと話しかけられるしで俺も軽くイライラ。「先輩、着きましたよ。鍵は?鍵はどこにあるんです?」バッグを寄越す先輩。しょうがない。勝手に開けますよ。バッグの中にヴィトンのキーケース。先輩を肩で支えながらド Hな告白や体験談ブログ