母親の私は息子の同級生に弱みを握られ、不倫SEXさせられているうちに快感を覚えてしまいました(1)

私がこれからお話することは、約十四年前の出来事です。 その頃の私は四十歳で、息子が十四歳でした。息子の祐次には、同級生の悪友が一人いました。その悪友の名前は鹿島というのですが、その子は祐次の小学*からの友達ではありましたが、大将と子分みたいな関係だったようです。 そんな関係も中学*になる頃には、鹿島君が私立の中学に入り、祐次が県立の中学で剣道部に入ると同時に疎遠になっていっていたようです。... 禁断の体験 エッチな告白集