親友のお母さんに授乳と手コキしてもらいました

僕(克明)は、親友・仁司のお母さん(美雪さん)のことが小さいころから好きでたまりませんでした。小学校の頃は、どこか母親とは違う大人の女性という憧れの気持ちの方が強かったのですが、中学になり性に目覚めたころから、美雪さんの大きなおっぱいに甘えながら、美雪さんに手でしごいてもらいたい、射精させてもらいたい、なんて想像していました。高1の今日まで、毎日のように想像しながらオナニーに耽るようになっていました 禁断の体験 エッチな告白集