【官能小説】美人画商のオーナー・・1/2

 岡田雅子は、もう脱ぎはじめていた。 黒一色で統一された下着を、身体から取りはずしてしまうと、ミルクを練り固めたような艶のある素肌の、見事な裸体が現われる。 肩口に流れる癖のない黒い髪も、あでやかであった。むだな肉のないぬめるような光沢のある艶やかな背中の線が、ふっくらと大きな背部の丸みに受け止められて、すらりとした双脚に支えられている。... Hな告白や体験談ブログ