お風呂でのぼせた母を介抱していたら、欲情して挿入してしまった

父が死んでから、しばらくして俺と母は関係を持った。同じ屋根の下で暮らしているうちに、ふとした弾みで、有無を言わさず俺の勃起した肉棒を母の膣穴に挿入してしまったのだ。一度、そうなってしまえば、母はもう拒む理由など無くなり、今では、俺のいいなり状態になっている。... 禁断の体験 エッチな告白集