三十路の代議士夫人にしゃぶりつくされた俺(1)

俺の出身地は古い街だが、かなりの田舎。親父はちょっとした土地持ちで、祖父から引き継いだ会社を経営してた。いわゆる“田舎の名士”の端くれだったんだろう。田舎の秀才だった俺は、東京にある某ものすごく有名な大学に進学したんだが、合格発表の翌日には『△△家の息子が×大に現役合格した』と集落中が知ってる。それくらい地縁・血縁の濃い土地柄だった。... 禁断の体験 エッチな告白集