【官能小説】喪服を脱がせてSEX・・2/2

硬い逸物を・・ すかさず二本の指を束ねておまんこに差し込むと、ズポリと収まりました。指先曲げて、サネ裏を掻き上げる様にこねます。・・クネクネと数回。「はぁーん・・うち、うち・・嘆声でヨガリを表現しますが、同時に膣をギュウと締め上げてきました。おまんこがヨガっている。・・飢えた熟女の穴が、アレを求めている。・・そう思うと私もたまらず、彼女の片方の大腿を持ち上げ硬くなった物を押し付けました。... Hな告白や体験談ブログ