家出した顔見知りの男の子を家に泊めたら、おばさんに春がきました

あたしは、かなり若い彼とベッドを共にしていた。家出してきたという自称十六歳の男の子の悩みを聞いてやって、そのままなんとなく。「なんとなくクリスタル」なんて小説があったっけ。田中康夫の作品。彼とは面識があった。市立図書館で、あたしは司書補助のパートをしているのだけど、よく本を借りに来る子なんだ。... 禁断の体験 エッチな告白集