雀荘の巨乳で色っぽすぎる奧さんに、男にしてもらいました(2)

たまりませんでした。どんどん奥さんとの距離が、セックスへの距離が近づいているのを感じていました。あのTシャツを盛り上げる胸を、ブラの下にあるおっぱいを揉める日が近づいていると思いました。もうすっかり奥さんのことが好きになっていました。しかし童貞の俺はここからどうやって攻めればいいのか悩みに悩んでいました。むりやり押し倒しても、きっと奥さんなら許してくれる。そうは思うのですが…... 禁断の体験 エッチな告白集