娘の彼氏に迫られ、受け入れたら女を思い出してしまいました

千鶴枝です。今日は、パートが休みだったからゆっくり家事をしていました。お昼前の娘の彼・小野君が家に来ました。「あれ~今日、学校は?」「今日は休みだから遊びに来ました。」「娘は学校だよ。」「そうすっよでね。んじゃ、帰ります。」「せっかく来たんだから上がっていけば・・・。」これが誤りでした。... 禁断の体験 エッチな告白集