憧れてた社長秘書は、彼氏がいるのに僕のものをきつく締めつけてくれた

歌舞伎町の居酒屋で話が弾んで、かなり酔いが廻った麻美でした。 フラフラ千鳥足歩きになってしまった麻美なんです。 僕の腕に纏わりついて身を寄せてる麻美を腰を抱えてラブホテルに入ったんです。部屋のドアを開けてベットに倒れ込む麻美。僕は朦朧状態の麻美のコートを脱がせ、洋装姿でスカートの裾が乱れて、黒のストッキングからの美脚に見とれていたんです。... 禁断の体験 エッチな告白集