【官能小説】淫行女教師・・2/2

乳首でしてあげる いい考えが浮かんだ。芳男の切ない部分に初めて触れるのは乳首にしよう。(乳首で犯してやるわ)そう思うと、思わず、唇を舐めてしまう。(さあ、おいで、勃起したモノ同士をくっつけてあげるから) そり返った器官のつけ根を握りしめたままで、一枝は自分のブラウスの前をはだけた。スリップの肩紐をずらしレースに包まれていたまっ自な乳房をぶるんっ。年齢の割には小さな乳首がくっきり、芳男のペニスに向か Hな告白や体験談ブログ