家出した子持ちの人妻をかくまってとハメ放題

その人妻と知り合ったのは、高1のときだった。実家が田舎町の外れの堤防沿いにあり、隣近所といっても200メートル以上離れた、まさに一軒家だった。僕は犬を買っていたので、よく暗い夜道を月明かりと懐中電灯だけで散歩していた。堤防には逆水門と呼ばれる大きな建造物があり、その近くは階段状になっているので、そこに腰掛けてひとりボーっと考え事をすることもあった。... 禁断の体験 エッチな告白集