人生最大のピンチを迎えた俺を、体を張って守ってくれた母

俺は野球が好きだった。小学の時、はじめてホームランを打った時のあのバットの感触が忘れられない。俺の学生時代は朝から晩までボールを追って過ごす、ただそれだけの毎日だった。そんな生活に不満を感じたことは一度もない。仲間とみんなで、甲子園を目指して汗を流すことは充実感に満ちていた。... 禁断の体験 エッチな告白集