母親の肉穴で初射精する息子

昨年の夏のことです。小六の息子の、痛々しい程の朝立を見つめたとき、私のそこが湿っていたのです。私は、感激に震え、息子の性の目覚めを前にして異常に興奮し、まだ眠りについている息子の前で自慰を行いました。 息子の性の匂いを嗅ぎたい一心で顔を寄せ、指を激し動かし、遂に果てました。そして、息子への新たな性教育をはじめる事になりました。... 禁断の体験 エッチな告白集