特急列車で知らない男二人に挿入され、イカされてしまいました

私はガラガラに空いた特急電車に乗り込むと、バッグを網棚に乗せて窓側の席に座った。車内はクーラーがきいていて、生脚にミニスカートでは少し寒い。私はサテンのキャミソールの上に重ねたボレロをきちんと羽織りなおす。朝が早かったせいか、背もたれに体を預けるとすぐにうとうとしてきた。ガタンガタン、という規則正しい揺れが心地よい。ほとんど乗客のいない電車の中、私は目を閉じ、睡魔に身をゆだねる。... 禁断の体験 エッチな告白集