懐かしい女教師とその友人と

俺が裏日本の田舎で必死こいて勉強して、東京の西のはずれの国立大学に入った頃の話です。もう4年前かあ。下宿も決めて、公園のやたら多い街のショッピングセンターで生活道具を揃えて、くたびれて噴水のベンチで座っていると、俺の目の前をお金持ちの若奥様風の二人が通っていった。「!」俺はびっくりして、思わず声をかけた。「高木先生!」 ひとりが驚いてふりむくと、しばらく俺の顔をじーとみて、やっと気付いてくれた。... 禁断の体験 エッチな告白集