童貞を捧げたのは、親代わりに育ててくれた47歳の熟女だった

大学生活の2年目の冬休み、僕は帰省して僕の両親が経営する観光旅館の仲居と、久しぶりのSEXを楽しんでいた。47歳の彼女は結婚するまで僕の恋人で、僕は彼女以外の女と肌を重ねたことは無い。FUCK状態で官能の世界に浸る僕は彼女との思い出を映画のスクリーンのように思い出していた。僕は旅館の跡取り息子として生まれ、多忙の両親に代わり仲居の弓子がずっと僕の世話をしてくれた。... 禁断の体験 エッチな告白集