白い太ももを見詰めていたら、目を覚ました母が筆下ろししてくれた

ボクが子供のころのことです。当時、母は32歳。髪をショートにして顔は童顔、肌はすべすべで、実際の年齢より随分若く見えて自慢の母でした。夏のある日、ボクが学校から帰ると、母が茶の間で横になって寝息をたてていました。見ると、スカートがひざのあたりまでまくれていて、薄暗い中、母の白い足が随分目立って見えました。... 禁断の体験 エッチな告白集