巨尻の母に欲情して中出し

たまに、どうしようもなく疼くことがある。あの日も、そんな感じだった。 晩飯を食い終わって、ソファで横になりながら、テレビを眺めてた。 目は、画面に向けてても、頭ん中は、妄想ばかり。そろそろ、部屋帰って、抜くか? そんなことを考えてたときだった。いきなり、ガーッと聞こえてきた掃除機の音。 夜に、掃除機かけんなや・・・。母は、人の迷惑などまったくお構いなし。風呂に入る前に、掃除機をかけるのが、母の日課。... 禁断の体験 エッチな告白集