人妻の私は、息子の親友にいけないと知りながら心も体も捧げています

42歳の私は今、半年前からお付き合いしている彼がいます。彼は息子の中学時代の親友の裕也君(20歳 大学生)。彼と再会したのは、コンビニのアルバイトでした。彼のいる店に偶然に私が入ったのです。私を覚えてくれていた彼は、親切丁寧に、教えてくれました。夕方までの私と、夕方からの彼の時間が一時間だけ、一緒でした。... 禁断の体験 エッチな告白集