アナルもやらせてくれる定食屋のおばさん

フロントが透けた紫色のレースパンティを脱がせようとすると激しく抵抗しました。でもそれは拒否するための理由でそうしたのではないことがすぐに分かりました。固く閉じ合わされた股間から、無理矢理そのパンティを剥ぎ取ってみると、股間から透明のぬめりが糸を引き、パンティのクロッチ部分は色が変わるほどベッタリと濡れているではありませんか。いやだ、いやだと抵抗しながらも受けた愛撫によっておま*こをすっかり濡らして 禁断の体験 エッチな告白集