銭湯の視姦は男にとって仕方ない行為の体験談

 5月6日の夜、自宅から徒歩5分ほどの商店街にある銭湯に行きました。戦前から営業してきたという店で、私も年に何度か利用します。普段は主人と一緒に行くのですが、その日はお酒を飲んですでに寝ていたので、一人で出かけました。 自宅以外では基本的にコンタクトですが、近所に出るときはメガネのままです。番台に座る顔見知りの女将さんに代金を払って、他愛もない会話を交わしながら服を脱ぎメガネを外すと、洗い場に入りま Hな告白や体験談ブログ