酔って色っぽくなった母に欲情

婦人会での集まりが有り、と言うか飲み会で母から電話が入った。迎えに行くとの約束も有り片道30分の時間を掛け、料理屋の駐車場に着く。外に出ても何人かの人数で立ち話、やっとの事で俺が待つ車の所に3人で近づいて来る。仲間の女性に俺を息子だと紹介する、少し照れくさい思いを抱きながら挨拶する。「優しい息子さんねぇ、家のなんて旦那も子供も知らん顔よ」と甲高い声で笑いながら言う。挨拶を済ませると母は助手席に乗り込 禁断の体験 エッチな告白集