一夜限りのエロを思い切り楽しんだ体験談

 先日、出張先の仕事が遅くなったので、博多発の各停最終電車に乗って、あくる日の営業地へ行く時の事です。最初は酔っ払ったおじさんや遊び帰りの若者などで結構混んでいた最終列車も、だんだん客が降りて目的地に近づいた頃には、もう疎らな乗客しかいなくなりました。 ドアー近くのBOX席で夕刊紙を読んでいたら、25歳くらいのショートカットの女の子が声をかけてきました。 「どちらまで…」 『終点までですが…』 「今日 Hな告白や体験談ブログ