妻の出産入院中に還暦の母と結ばれたおれ(10)

おれは母の肛門に唇を押しつけ、チューチューと吸った。それからペロペロと舐めた。皺ひだが、微妙に舌に引っかかってくるのが気色いい。これが排泄器官だなんてことは、まったく気にならなかった。たっぷりと舐め上げ、唾液を注ぎ込んでから、そっと指を差し込んでみた。(多少きつくても、指の一本くらいはすんなり入るだろう)そう思っていたのだが、括約筋の締め付けは予想以上に強いものだった。... 禁断の体験 エッチな告白集