天狗村肉盛りパーティ 村長さんに犯された母

あれは夏の終わりが近い、村をあげて祭りの用意をしている時だったと思います。あの時ぼくは、小学二年でした。秋に近いといっても、夏の暑さはいっこうに衰えてくれません。あの楽しい夏休みが終わって二学期が始まっても、ぼくは心を、山や野や小川のせせらぎの中に置いてきたままでした。学校から家へ帰るあぜ道を歩いていると、高台にある神社の境内から祭囃子の太鼓の練習する音が、のんびりしたテンポでドンドコ聞こえてきま 禁断の体験 エッチな告白集