酔うと下半身がゆるくなるおれの彼女

4年前の話。おれが会社に入社して5年目の時、短大を卒業したばかりの由紀子がうちの課に配属された。まだ二十歳そこそこの由紀子は、男ばかりの職場にとって花のような存在だった。 顔は普通よりちょっとかわいいくらいだったが、スタイルが抜群によかった。 特に大きい胸と、くびれたウエストのギャップがたまらなかった。当然彼女はチヤホヤされた。競争率は高かったが、おれは猛烈にアタックした。その甲斐あって、2ヶ月ほどし 禁断の体験 エッチな告白集