5/14)セフレと頼れるお姉さんとの関係を断ち切れずに…純粋な本命彼女との恋の行方

4/14)セフレと頼れるお姉さんとの関係を断ち切れずに…純粋な本命彼女との恋の行方の続き インターホンが鳴った。母がエリカも朝食を一緒に食べるか聞いてきた。もちろん食事は済ませてきていた。とりあえず洗顔をして洗濯機を回した。 「一緒に降りる?」エリカにそう聞いたが、下で僕の裸が話題になったら、もう来れなくなるとでも思ったのだろう。 「残ってる宿題をやっておくね」 「シンジ、好きな子に起こして貰えて嬉しかったやろ?」 母が鬼に思えた。しかし実際に起きた話をしたら、エリカに起こして貰えるチャンスは二度となくなる…悔しかったが頷いた。急いで朝食を済ませ、慌てて階段を登る。 「ゴメン、ごめん」そう言って部屋に入った。 僕もテーブルに座るとノートを開いた。 「まだ…ドキドキしてる」エリカがポソっと呟いた。「えっ?」僕は聞き返した…。 エリカは顔を上げずに「…好きな人の………だもの」上手く聞き取れなか […]この 5/14)セフレと頼れるお姉さんとの関係を断ち切れずに…純粋な本命彼女との恋の行方 は みんなのエッチ体験 に掲載されています。 みんなのエッチ体験
巨根で突かれる快感は天に逝きます

 特別なペニスがある男の人と関係をもったことが、その後の人生を左右することがあるようです。鈴マラというのがそれ。巨根であることも多く、何より男性器の形がはっきりしてるのが特徴です。 セックスすると、快感で天にも昇るような心地がする上にとても縁起が良いのですが、反対に持ち主との性交渉の機会を避けたりすると以後その人は何をやってもうまく行かず不幸になるとか。...

妻より母が好き

私も19歳の時に、母と初めて関係を持って以来、結婚して33歳になった現在でもその関係は続いています。 私が母を性の対象として意識するようになったのは、高校1年の時からでした。 夏休みに田舎の祖母の家に遊びに行ったとき、たまたま内風呂が壊れて使えないというので、昔、使っていた庭の五右衛門風呂を使うことになって、そのとき、風呂に入っている母の裸を雨戸の節穴から覗き見して、母の陰部や乳房に興奮した思い出があり

淫らになっていく嫁の母親

義母はじっと目をとじて、わたしの愛撫に耐えているようだった。 大きな、乳房を揉み、乳首を舐め、吸い、しゃぶり、その感触を 味わうように愛撫を続けた。 「あなたがこんな人とは思わなかったわ」 わたしの蛮行を詰るように義母はつぶやくようにもらした。 たしかに、妻の母親に性交を挑むのは非常識なことだ。...

母と祖父の関係

俺が小学3年生の頃だから、今から30年以上前の話。  算数のテストで100点をとった俺は、母を驚かせてやろうと、喜び勇ん で自宅に戻った。時計は午後3時を少し過ぎていた。  いつもなら、母はこたつでうたた寝しているはずだった。  俺は、後ろから母にそっと近づき、”わっ”と声を出して、驚かせてやろ うと考え、音を立てないよう玄関を開けて、家の中に入っていった。...

何がイケなかったのか分からない

 出会系では、なかなか上手くいった事がない私ですが、昨日もまた失敗しました。メールを重ね、写メ交換をしてやっと出会った30の人妻。実物は写メより全然良く私好みのグラマーな可愛らしい人でした。 芸のない私は食事して飲んでホテルに誘い込みました。彼女は既に出来上がっている為かH全開モードで私に激しくキスをしてきました。やっと出会系で成功出来る!と思い夢中で彼女をベッドに押し倒して形の良い胸を舐め回しまし