13/14)セフレと頼れるお姉さんとの関係を断ち切れずに…純粋な本命彼女との恋の行方

12/14)セフレと頼れるお姉さんとの関係を断ち切れずに…純粋な本命彼女との恋の行方の続き 「このまま抱きしめていてもいい?」 「うん、シンジ君…嫌いにならないで」 僕がエリカを嫌いになる筈なかった。否、嫌いになれる筈がない。 「エリカを感じるよ」 「シンジ君を感じる」 僕はエリカの太ももをそっと開き、手をしのばせた。 「恥ずかしい!」 エリカの最も敏感なトコは…濡れていた。ボクのも…濡れていた。 ユビをそっと動かす。エリカが感じているのがわかる。エリカのジュース…。 「…シンジ君、何…か…変。ア、熱い…よ」 ボクのユビがエリカの敏感な突起に辿り着く。エリカの喘ぎ声が小さな悲鳴に変わる。ボクのユビが執拗に突起を触る。エリカの喘ぎに曇りを感じる、顔を見上げるとエリカは泣いていた。 「怖いの?嫌な事をしちゃった?」僕は複雑な表情をしていたと…思う。 「少し…だけ…」 「ここまでにしようか?」僕 […]この 13/14)セフレと頼れるお姉さんとの関係を断ち切れずに…純粋な本命彼女との恋の行方 は みんなのエッチ体験 に掲載されています。 みんなのエッチ体験
スキンを買いに行ったら、薬屋のバツイチ熟女がハメさせてくれた

大学時代の話。その時なんとなく付き合っていた女(フリーター・19歳・金髪)が、一週間ぶりに部屋に来ることになったのだが、コンドームが切れていたことに気づき、慌てていつもの近所の薬局に駆け込んだ。店に入るといつもいるハゲオヤジではなく、なにやら気だるいお姉さんが白衣を着て座っている。...

人妻ですが、久しぶりに働きだしたら、あっという間にバイト君に中出しされました

38歳、二人の子持ちの主婦です。今年5月から久しぶりに働き始めました。学生時代はファミレスでバイトしていたので、バイト先もファミレスを選びました。働くのは本当に久しぶりで、正直主人以外の男性としゃべるのも久しぶりな感じ。なのでバイトは本当に楽しく、主人からも「最近いきいきしてきたね」と言われました。...

自慢の舌技であそこを舐めまくり、看護婦さんをトロトロにしてから挿入しました

今回は間違いメールで知り合った24歳の看護婦さんです。この看護婦さんから間違いメールが来たのは去年の夏の事でした。いたずら半分で返事を返したことからメール交換が始まりました。 警戒心が強いので何度と無くメールの交換をしても名前は教えてくれないし、やっと会えたのが去年の10月、何回もご飯だけの関係を続けてキスまでは許してくれるけど、その後はダメでした。...

苦労したけど、念願だった同僚の奧さんに中出しできた

雅之の妻である真理江は私達と同じ会社の後輩でした。結婚退職後は他の会社へパート社員として働きに出ており、たまに飲み会等にも顔を出していました。雅之が名古屋へ異動になった後も、いつものメンバー達との飲み会に真理江を誘って、よく飲んでいました。在職中から真理江に目を付けていた私は、なんとか真理江とやれないものか色々と策を練りながら、真理江の姿を脳裏に思い浮かべてオナニーをしまくっていました。...

女子高生がブラブラしているラブ街

 某サイトで情報を収集して、新宿のラブホ街へ夜の10時頃行って見ました。本当に女子高生が10名ぐらい、セーラー服を着てブラブラしています。その一人に話しかけました「俺と援交するかい。幾らならOKだろうか」と聞くと、物凄く可愛い子で「一応2時間大2枚でなら」と言うんです。 そのほかに「実は今日は妹がデビューなので、3Pでしてもらえないかしら、二人相手で4万でどう」と言うので「4枚は高いから3でなら考