出張の定宿で思わぬ展開になった特別マッサージ

新卒就職後1年余り、24歳の頃。 思い出しながら書いている。 担当地域への営業出張があり、何度か先輩・上司と訪れてしばし、1人で担当させてもらえるようになってからのことだ。 そのホテルは俺の常宿だった。 なぜ、決して要領の良くない俺が同期の中でも早いうちに、地域担当を単独で受け持てたのかといえば、その地方が俺の育った場所であり、そのぶん土地勘で長けていて、まあ地の利みたいなものが有効だったからだ。 俺はそこに、高校3年生の途中まで居た。 中2の時に両親と姉が交通事故で死んだので、叔父夫婦のところで、下宿生活みたいな5年ほどを過ごした。 高校を卒業して、大学を目指して浪人生活を送るのを境に、世話になった叔父夫婦の家を出て、俺は東京へ来た。 そして、今の会社に至る。 出張でそのホテルに宿泊する際には、俺はいつもマッサージを頼んだ。 最初は揉まれてもくすぐったいだけだったのだが、次第に、疲れやコ […]この 出張の定宿で思わぬ展開になった特別マッサージ は みんなのエッチ体験 に掲載されています。 みんなのエッチ体験
母と屋外でやったら締まり方がすごかった

母が未亡人になって約一年半。母と関係したのが父の他界後で3ヶ月位たってからですけど、5月の連休中に母にどこか外でやってみたいと言い、最初は覗かれたら困ると言っていたが、母も屋外でのセックスに興味をもっていたので人のいない場所でならやってみたいと言ってくれた。「母さんここならいいだろう」「人はこないわよね」「大丈夫だよ、きても母さんの裸なら綺麗だし見せてやればいいさ」...

妻がクラス会に行ったので、私は妻の母親と生ハメ

伸恵50歳、バスト95ヒップ98、ダイナミックな体をしている、妻の母で私とは、もう2年くらい、関係を持つています。義母は40歳の時、旦那さんを亡くし、一人暮らしで時々私たち夫婦が、遊びに行く程度で寂しく暮らしていました。妻はもともとセツクスには淡白で私が求めても「今日は疲れている」とか云つて応じてくれない日がありました。...

清掃のおばさんと早朝のトイレで中出しSEX

会社のビル内清掃をしてくれているおばさんがいます。見た目ちょっと太っています。ただ話をしているととても気持ちのいい、しっかりした人だと思いました。いつのまにか自分の名前を覚えられてしまって、「ショウ君おはよ」とか言われ、自分はおばさんの名前を知らないので「あ、おはようございます」とだけ返してました。...

少女バレー部の監督ですが、生徒の母親に一目惚れしてしまいました

娘が少女バレーボールを始めるのをきっかけに私は経験者でもありコーチになりました。それから3年が経過して娘も卒部してから周りから奨められ私は監督になりました。親のお手伝いが少なくお母さん達のコミニュケーションを向上する為にお母さんチームも作ったのですが、今年の春から参加した親子が数人居て中でも一際目を引くお母さんが居ました。...

SEXで中出しされたと慌てるお姉さん

 先月20日に知り合ったいつものお姉さんと逢瀬(おうせ)。今回はある計画を企てていた。ホテルに着き、いつものようにコンビニで買ったケーキを2人で食べ、一息ついてからシャワーを浴びる。 薄暗くした部屋の中、お姉さんの滑らかな肌に指を滑らせ、まずは念入りにマッサージ。これが毎回、必ず行っている儀式だ。柔らかい肩や背中に触れているだけで、自分の下半身はしっかりと反応していた。...