出張の定宿で思わぬ展開になった特別マッサージ

新卒就職後1年余り、24歳の頃。 思い出しながら書いている。 担当地域への営業出張があり、何度か先輩・上司と訪れてしばし、1人で担当させてもらえるようになってからのことだ。 そのホテルは俺の常宿だった。 なぜ、決して要領の良くない俺が同期の中でも早いうちに、地域担当を単独で受け持てたのかといえば、その地方が俺の育った場所であり、そのぶん土地勘で長けていて、まあ地の利みたいなものが有効だったからだ。 俺はそこに、高校3年生の途中まで居た。 中2の時に両親と姉が交通事故で死んだので、叔父夫婦のところで、下宿生活みたいな5年ほどを過ごした。 高校を卒業して、大学を目指して浪人生活を送るのを境に、世話になった叔父夫婦の家を出て、俺は東京へ来た。 そして、今の会社に至る。 出張でそのホテルに宿泊する際には、俺はいつもマッサージを頼んだ。 最初は揉まれてもくすぐったいだけだったのだが、次第に、疲れやコ […]この 出張の定宿で思わぬ展開になった特別マッサージ は みんなのエッチ体験 に掲載されています。 みんなのエッチ体験
どう見ても浮気なんかしそうにない清楚な奥様がすんごい乱れようで興奮した

出会い系で知り合った美佐子と梅田のシティーホテルで落ち合った。フロント前の椅子にスレンダーな身体で、茶系のスカートに濃紺のサマージャケットを着た美佐子が座っていた。清楚で綺麗な奥様で、緊張した面持ちであった。私は隣の椅子に座りそっと「美佐子さんですか?」と囁くと、「はい」と軽く頷いた。チェックインの手続きだけ済ませ、ティーラウンジでお茶をしながらたわいもない話で彼女の気持ちを落ち着かせた。...

少年野球の母親たちがあんなにスキモノだったなんてね・・・

久子と知り合ったのはちょうど2年半前。私は少年野球のコーチをしていた時でした。少年野球には父母会というものが存在しており、色々とうるさい存在でもありました。私はヘッドコーチなので、ある程度の決定権はあったものの、監督は起用法に父母会よりごちゃごちゃ言われていたので、私が窓口となりいろいろなクレーム処理にあたっていた。...

交通事故で入院した妻の代わりに、相手の奧さんの穴に射精してやった

俺の女房は数ヶ月前に近所に住むある奥さんに車で跳ねられ入院した。かなりの重症で1年程の入院を余儀なくされた。俺は女房と毎日SEXするのが楽しみだったのだが、それが叶わなくなったのだ。俺は謝罪に来た奥さんにこう言ってやった。 「あんたのせいで俺はずっとムラムラしてしょうがないんだ!どう責任とってくれる!」と少し脅しながら出方を見ていた。...

酔って寝ていた叔母の股間を舐めてたら、我慢できなくなって生挿入してしまった

俺の叔母は、オッパイとお尻が大きな肉感的な人で、目の前を通るたび「スカートの中に頭をもぐりこませたい」といつも願っていた。叔母は、少3の子供(男)の他に、母方祖母と母方伯父(独身)と一緒に暮らしていた。叔母の夫は単身赴任で、年に数回しか帰ってこなかった。去年の夏、憧れていた叔母の寝室へと忍び込んだ。叔母の部屋からは、夜飲んだと思われるアルコールの匂いが立ち籠めていた。...

ソープに行ったら妹の友達のJKとばったり、しっかり中出しさせてもらった

少し前のことですが、パチンコで珍しく大勝ちして臨時収入が入り大儲けしたのでソープに向かった。 行くのはいつも行っているソープで、安く若い子も多いのでお気に入りの店だ。 急ぎ予約の電話を入れた、かなりの回数行っていたので名前を言うと受付の兄さんもすぐに私だと分かった。...