大学の先輩女は手コキが好きで、射精を見ると逝ってしまっていたエッチな体験談

大学の先輩女は手コキが好きで、射精を見ると逝ってしまっていたエッチな体験談。 大学の先輩にしてもらった。オレは19、彼女は25の大学院生。 同じ学部学科専攻だったのだが、1年生と院生はあまり接点が無いとのことで、 お近づきの飲み会をすることになった。 その時オレの隣に座ったのが彼女だった。 髪はショート、身長はオレより少し高い(オレは165しかない…)。 男っぽい性格で、それが災いしてか今のところ彼氏はいないらしい。 酒もかなり強いらしく、泡盛を(大学絞られるな…)ロックで飲みまくる。 オレはあまり酒を飲めない体質なのだが、女に負けるのがいやで、同じペースで飲みまくった。 飲み会が終わり、皆は2次会に向かっている。 オレは泥酔してほとんど意識が無く、2次会は遠慮することにした。 すると彼女が「私も遠慮します。この子を送り届けますね。」といってオレとタクシーに乗り込んだ。 車の揺れでさらに気 […] The post 大学の先輩女は手コキが好きで、射精を見ると逝ってしまっていたエッチな体験談 appeared first on エッチトーク体験談. エッチトーク体験談