中学生に筆卸ししてもらったエッチ経験談

「好きです、ファンです」 ってストレートにぶつけられると何かダメで緊張しちゃって昼間は全然喋れなかったんだけど、夜にアルコール入ったら緊張解けた。 ただ、飲めないくせに格好つて、結構飲んだからいつの間にか酔って寝ちゃったし記憶とんだ。 気づいたら飲んでた部屋と別の部屋で、敷かれてた布団で大の字になってた。 電気は消してあったから暗いけど月明かりは差し込んできてて、多分、真下の庭でやってた花火のパチパチ音と騒ぎ声が遠くに聞こえて、でちょっといい匂いがして。何の匂いかな、と部屋の中をグルッと見回したら彼女がいた。 「大丈夫ですか、心配でついてました」 ってなぜかスゲェニコニコしながら言ってたのは覚えてる。 まだ大丈夫な感じじゃなかったけど格好付けて起きあがった。でもヤッパリダメでドスン、と布団の上に倒れた。 そしたら中3も俺の横にドスンと倒れてキャッキャッ笑ってた。 なんか可愛くなって中3の頭 […] The post 中学生に筆卸ししてもらったエッチ経験談 appeared first on エッチトーク体験談. エッチトーク体験談