白石美帆似の某百貨店新卒研修生とのガチなエッチ体験

案の定その売り場は、4人の管理者である男性社員、2名の会計担当の女性社員、以下約30名の販売員(殆ど女性)で構成されていました。 研修派遣の当日、朝礼で私のことが紹介されました。私の目の前にはお洒落な自社ブランドの服を身にまとった面々。 中でも私の目をひきつけたのは、細身で背の高い絵里ちゃんでした。身長170cmの私とほぼ同じ背丈で、白石美帆をシャープにした感じの22歳の女性。 その時は、3ヶ月という研修期間の間に何か楽しい事があればいいなと淡い期待を抱いたのですが・・・現実は厳しいものでした。飲みに誘ってくるのは、絵里ちゃん以外の女性。 たまに絵里ちゃんが飲み会に来ても、他の人の相手をしている間に絵里ちゃんが帰宅してしまうなど、売り場でたまに会話をしたり、休憩室で話したりすることはあったものの、深いコミュニケーションを取る機会も無く、あっという間に研修期間が終わってしまいました。ヘタレ確 […] The post 白石美帆似の某百貨店新卒研修生とのガチなエッチ体験 appeared first on エッチトーク体験談. エッチトーク体験談
オナニーしていた母に後ろから挿入したら、父と間違えた母は・・・

去年の7月から、母さんとSEX出来るようになりました。 母さんは32歳で、小泉今日子に似ています。親父は、銀行の東京支店勤務で、去年の4月から単身赴任しています。 僕は、おととし、中学に入ってから、オナニーを知りました。最初のうちは、本のグラビアを見たり、マンガを見たりしてオナニーしてました…...

妻の友人の清楚なお嬢さんのあまりに激しい喘ぎ声

妻とまだ恋人だった頃、妻の友人カップルの恋人2組で、隣の部屋同士に宿泊した時のお話です。妻はややロリッぽい可愛い女性で、体形はムッチリ、朗らかで明るい性格です。一方、妻の友人の女性は絵に描いたような清楚なお嬢さんで、大人しい性格です。私の車で4人で出かけ、ドライブした後に山間にある木造の安宿に到着しました。山の幸の料理を食べて、少し呑んで、それぞれの部屋に戻りました。部屋の仕切りは薄い壁一枚で、隣の

家庭教師先の母親との美味しいエッチ【人妻体験談】

家庭教師の母親、42才の一枝(仮名)はややぽちゃの目のぱっちりした色白の主婦で、着衣のまま嵌められるのが好きだ。しかも、真っ昼間の旦那がいないときが。学生の僕は暇を持て余しているので丁度いい。あらかじめ行く時間を予告して行くことが多いが、たまに突然訪問して普段の平凡な主婦の日常生活にズカズカ入り込んで、旦那しか知らない(はずの)秘貝を使わせてもらっているという罪悪感を伴う快楽は何物にも代え難い。普

自分の運命を変える淫乱人妻との出会い

こんにちは。29歳、いつまでたってもしがない会社員生活のさえない男です・・私は某サイトで1人の女性と知り合いました。その女性との出会いがまさか自分の運命を変える出来事になるなんて夢にも思いませんでした。1から話すとかなり長文になりますので、短縮してお話します。サイトを閲覧していて少し気になる女性がいました。早速、駄目もとでアタックしてみたんです!そうしたら、意外と?アッサリお返事が来まして、後日日

いこと同士って結婚出来るんだよ?で、今は同棲中

従姉妹って、近親に入るのかなぁ?去年、じいさんの法事で従兄弟連中が集まった時のこと。夜も更けて、じいさんちの2階で雑魚寝することになった。みんなさっさと寝てしまったんだが、一番歳の近い郁子(仮)だけが目を覚ましていて、ぼそぼそと話しかけてきた。郁「Kくん(俺)、彼女とかいるの?」俺「うん、まぁ、今はいないよorz 郁ちゃんは?」郁「彼女はいないなぁ...うそうそ、彼氏もいない」俺「そっか、意外だなぁ。郁ち