倉科カナ似の人妻に最終手段使って筆おろしさせてもらったエッチ体験談

今時の35歳はメイクして服装もしっかりしてる人が多い割に自分の年齢の価値が低いこともわかってるようで驚くほど美人でも年下ってだけでチヤホヤしてくれる 中学まではそこそこ勉強ができ、地元で有数の進学校に入ったものの、勉強そっちのけで部活に明け暮れた結果、留年寸前レベルまで落ちこぼれた。このままではまずいと思ったが手遅れ。結局一浪した挙げ句、普通レベルの大学に入学した。 奥手&人見知りな性格のせいで中学まで浮いた話はまるで無し。高校の時にちょっと色気出して、3年間で2人告白したがいずれも玉砕だった。 そんな状態で迎える大学入学、リア充なキャンパスライフを少しだけ夢見ていた 2年になりサークルに入ったりして好きな人も出来て告白したりなんかもした。 答えは当然ノー。あわよくばなんてものは期待していなかった。自分の気持ちにケリをつけるための、自分勝手な告白。俺の何度目かの恋は散った。 サー […] The post 倉科カナ似の人妻に最終手段使って筆おろしさせてもらったエッチ体験談 appeared first on エッチトーク体験談. エッチトーク体験談
貞淑な未亡人にも、たっぷりと性欲があるんですね

隣のご主人が不慮の事故で亡くなって一年。男の出入りもなく奥さんは貞操を守り続けている様子でした。まだまだ女盛り、一人で悶々とする日もあるだろうと節操のないことを考えていた時でした。玄関のチャイムがなり出てみると隣の奥さんでした。「すみません。今、お時間ありますか?実は台所の電気が切れてしまい困っているんです。変えて頂けませんか?」...

姉のパンティでオナニーしてたら、見つかって中出しSEXに・・・

その頃、姉は小学校の新米教員、大学浪人中の俺は姉のアパートに居候していた。イケてる、と言うほどの2人ではないが、姉と一緒に歩いているところを友達に噂されても悪い気はしなかった。姉も姉の女友達が遊びに来るとわざわざ俺を呼び出して披露するような所があった。家に置き忘れた教材を届けに授業中の姉を訪ねたことがある。遠くから気付いた姉はブラウスの胸を揺らし無邪気に笑いながら駆け寄ってきた。...

俺の巨根に欲情して、オナニーしていた義母

これは妻が出産し妻の実家に帰った時のはなし。もともと二人で住んでいたアパートが嫁の実家に近い事からオレも一緒に実家に帰る事になった。妻の母親はスナックのママ風でDカップ!洗濯のブラジャーを見たので確実!格好も若い感じのキレイ系の色気のある感じだ! 毎朝仕事に行くオレをお越しにきてくれる義母。ある日オレは不思議に思う事があった・・・。...

結婚する息子に、思い出に2人で旅行したいと誘われた結果

夫を早くになくして、再婚もせずに息子の成長だけを見守ってきましたが、息子も大人になって、私も肩の荷が降りた気持ちでした。そんな息子が結婚する事になって、紹介されたときに、私の気持ちは複雑でした。表面上は息子の幸福を喜ぶ母親でしたが、内心は、ず~と二人で暮らしてきたので、他人の女性に取られるような寂しさも感じていたのでした。でも、息子を祝福する気持ちには、変わりありませんでした。...

嫁には内緒だけど、初体験は嫁のお母さんでした

自分と嫁は幼なじみでした。嫁と晩御飯を食べていると昔の思い出話に花が咲きました。短い時間ではございますが、自分の思い出話に付き合ってください。中2の夏の話です。自分は嫁と顔を合わせるたびに「やらせてー」と言ってました。「バカ、変態」と嫁はいつも自分の顔を見ると言ってたんです。これが自分たちの挨拶みたいな感じだったんですよ。...