他人の婚約者の身体を開発してやったエッチ体験

初めて会う彼女は芸能人でいうと眞鍋かをり似で可愛かった。目が大きくて小悪魔的な雰囲気。 で、その日はあまり時間がなかったから、カフェで話しをして別れた。こっちのは既婚で向こうは彼氏持ち。それ以上の進展はないだろうと思っていたが、その日夜すぐにメールがきた。 会うまではそんなに可愛いって知らなかったから、メールとかメッセで下ネタで盛り上がっていた。前に何かの賭けをしていて、俺が勝ったから、会った時にちゅーをする権利を獲得してた。 でも予想以上に可愛いかったていうか綺麗で きつそうだったし、メッセで話しをしていた時ほど盛り上がらなかったから、ちゅーのタイミングを測れなかった。で、彼女と別れた後、彼女からメールがきて、「何で私にちゅーしなかったの?全然してくれないこら、こっちからしちゃおうかと思ったよ」みたいなことを言ってた。向こうも俺にラブラブ光線を送っていたらしいが、鈍感なおれは全く気が付か […] The post 他人の婚約者の身体を開発してやったエッチ体験 appeared first on エッチトーク体験談. エッチトーク体験談
オナニーしていた母に後ろから挿入したら、父と間違えた母は・・・

去年の7月から、母さんとSEX出来るようになりました。 母さんは32歳で、小泉今日子に似ています。親父は、銀行の東京支店勤務で、去年の4月から単身赴任しています。 僕は、おととし、中学に入ってから、オナニーを知りました。最初のうちは、本のグラビアを見たり、マンガを見たりしてオナニーしてました…...

家庭教師先の母親との美味しいエッチ【人妻体験談】

家庭教師の母親、42才の一枝(仮名)はややぽちゃの目のぱっちりした色白の主婦で、着衣のまま嵌められるのが好きだ。しかも、真っ昼間の旦那がいないときが。学生の僕は暇を持て余しているので丁度いい。あらかじめ行く時間を予告して行くことが多いが、たまに突然訪問して普段の平凡な主婦の日常生活にズカズカ入り込んで、旦那しか知らない(はずの)秘貝を使わせてもらっているという罪悪感を伴う快楽は何物にも代え難い。普

未亡人になった叔母の家に居候して…

学生の頃、叔母の家に居候してた。その4年間は叔母とのセックスに明け暮れた。叔母は未亡人で当時50代半ば、優しくて色っぽい女だった。俺は叔母の豊満な胸や丸みを帯びたお尻を眼に焼きつけてオナニーをした。(叔母さんとセックスしたい)そういう思いが日に日に強くなっていった。ある日のこと、叔母が外出中に俺は叔母の部屋に忍び込みタンスの中の下着を物色していた。その際、小物入れのポーチを見つけた。中を見るとバイ

いこと同士って結婚出来るんだよ?で、今は同棲中

従姉妹って、近親に入るのかなぁ?去年、じいさんの法事で従兄弟連中が集まった時のこと。夜も更けて、じいさんちの2階で雑魚寝することになった。みんなさっさと寝てしまったんだが、一番歳の近い郁子(仮)だけが目を覚ましていて、ぼそぼそと話しかけてきた。郁「Kくん(俺)、彼女とかいるの?」俺「うん、まぁ、今はいないよorz 郁ちゃんは?」郁「彼女はいないなぁ...うそうそ、彼氏もいない」俺「そっか、意外だなぁ。郁ち

同窓会で再会した女の子の家に泊まって…【エッチ体験談】

同窓会で再会した女の子の家に泊まった時の体験談です。俺は神奈川在住で千葉の大学に通っている。成人式の日に小学校の同窓会があり、懐かしい面々と再会した。そこで、当時はそこまで関わりがなかった香織と意気投合。香織も千葉の大学に通っていて、そっちで1人暮らししているらしい。メアドを交換し、テストが明けた先週末に香織と飲むことになった。夕方から飲み、カラオケに行き、俺は終電の関係で21時過ぎに帰ろうとした